PRP療法についてのご案内

PRP therapy Information

PRP療法についてのご案内

PRP therapy Information

PRP療法とは自分自身の血液を用いて傷んだ組織を修復させる力を引き出す治療法です。 患者様ご自身の血液から血小板を多く含んだ血漿(PRP)を作製し、患部に直接注射します。 血小板は血液を固める/組織の修復を促す成長因子を出すという大きな2つの働きを持っています。組織を修復する力と 組織を破壊する力にアンバランスが生じると自分で自分を治す力が弱くなってしまいます。そこで血小板を多く含んだ血漿(PRP)を傷んでいる部分に 注入することで、自分自身がもともと持っている修復力を引出します。 自分の血液を利用するため安全性が高く、現在では欧米のスポーツ選手にも怪我をした際にPRP療法を用いています。
当クリニックではPRP(Plate-Rich Plasma)療法第3種を用いております。血液加工物を関節外に投与するPRP療法の事を指します。アスリートのような、スポーツをやっていて靭帯損傷や腱損傷、靭帯炎で困っている若い方に対して、PRPを患部(腱や靭帯、筋肉内)に打ってリハビリしながら行う治療がこれにあたります。

あまのペインクリニックPRP療法について

あまのペインクリニック
PRP療法

PRP療法よくある質問

Q&A

PRP療法は通常の治療に比べどんなメリットがありますか?
加齢に伴い弱くなった腱や靭帯の再生、またスポーツ外傷などによる筋肉や靭帯の部分断裂の修復を促し早期治癒と再発防止に効果が認められています。
PRP療法には痛みがありますか?
注射直後から治療後数日間は、細胞の活発な代謝が生じる為、軽い痛みや腫れ、赤みを生じることがありますが徐々に軽減していきます。
副作用はありますか?
PRP療法は自分自身の血液のみを使う為、アレルギーや感染症のリスクが極めて低く、安全性の高い治療です。重篤な副作用の報告もありません。
どれぐらいで効果が表れますか?
PRP療法は自然治癒力を利用している為、効果の表れ方や持続期間については個人差があります。事前に担当の医師にご相談ください。
どのような症状の患者さんにPRP療法が有効ですか?
加齢性変化による腱板損傷などやスポーツ外傷による肉離れや靭帯損傷などに痛みの軽減や早期治癒、再発防止に効果が認められています。
PRP療法が出来ない人はどういう人ですか?
癌、リウマチ、自己免疫疾患で投薬を受けている方や骨端線が残っているような中学高校生以下の方はPRP療法ができません。

料金表

price

初診料 3,300円(税込)
採血料 18,700円(税込)
レントゲン・超音波 6,050円(税込)
血液加工物関節外投与(3種)費 33,000円(税込)
再診料 3,300円(税込)

※PRP療法は保険適用外(自由診療)です。従いましてPRP療法に関する費用は全額自己負担となります。


お支払い

※エアペイでのお支払いが可能です。


PRP療法で期待できる適応疾患

● 五十肩(腱板損傷・腱板部分断裂)
● 靭帯損傷
●テニス肘(上腕骨外側上顆炎)
●ゴルフ肘(上腕骨外側上顆炎)
●アキレス腱炎
●ジャンパー膝(膝蓋腱炎)
●足底筋膜炎
●肉離れ(筋挫傷)

※効果には個人差があります


PRP療法で効果に影響を与えるため休薬が必要な内服薬の種類

血液中に残っている薬の成分によってPRPの精製が困難であったり、効果が低くなることが予測されている種類の薬があります。
PRPの機能を最大限に発揮するうえで、内服薬を一定期間休薬することを推奨させていただくケースがございます。
休薬のリスクで特に注意を要するのは、抗血小板薬や抗凝固薬などの休薬に伴い、
血液凝固が原因となる疾患(脳梗塞や心筋梗塞など)のリスクが高まる可能性があげられます。
原疾患主治医に相談させていただくことになりますが、仮に休薬が可能と判断があったとしても、リスクが無くなるわけではありません。

休薬を推奨される薬の種類は以下の通りです

●NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)(実施前7日、実施後3日)、代替え薬(セレコックス、カロナール)
●抗血小板薬(実施前1〜14日、実施後3日)、代替え薬(なし)
●抗凝固薬(実施前1〜5日、実施後3日)、代替え薬(なし)
●ステロイド剤長期投与(実施不可)


上記の他にも注意しなければならない内服薬があるため、必ずお薬手帳か内服薬の内容がわかる書類をお持ちください。

PRP療法の流れ

Flow of PRP therapy

あまのペインクリニック

お客様

STEP1

お電話にて予約※PRP療法は完全予約制となっております。

※電話予約をお願い致します。
月曜~金曜⇒9時から12時
火曜・水曜・金曜⇒15時30分から18時30分

STEP2

初回診察(自費診療)・初診料・採血・レントゲン・超音波

※他院でMRI撮影している方は持参してください(PRP療法の適応の診断に有用)
①診察してPRP療法の適応に可能性があるかどうかを検討します。
実施前の血液検査及び感染症検査(HIV)/ レントゲン・超音波検査を行います。
②PRP療法実施日を決定します。
(血液検査でPRP療法に不適応な状態であれば結果分かり次第、当クリニックより連絡させていただきます)
③同意書をお渡しします。
(PRP療法の長所・短所を十分ご理解いただいたうえで実施を希望されたときに同意書にご署名いただきます)

STEP3

2回目のご来院(自費診療)・再診料・血液加工物関節外投与費

PRP療法を実施します。当クリニックではエコーで損傷部位を確認し治療を行なっております。

STEP4

3回目のご来院(自費診療)・再診料

PRP療法実施から1ヶ月後・実施した部位の状態を診察します。ご希望があればPRP療法を再度行なうこともできます。

お電話にてお問い合わせください。

月曜~金曜⇒9時から12時

火曜・水曜・金曜⇒15時30分から18時30分

是非ご予約下さい。クリニックへのアクセス

Access

住所 〒665-0861 宝塚市中山寺1-14-16 キシダビル2階 (エレベータあり)
アクセス 阪急宝塚線「中山観音」駅から南へ徒歩約2分 JR宝塚線「中山寺」駅から徒歩約10分
電話番号 0797-85-5656
駐車場 お車でお越しの方は契約駐車場の植田駐車場に駐車できますが台数に限りがあります。

ご予約・お問い合わせ

TEL. 0797-85-5656

電話受付時間: 休診日を除く、9:00~12:00 / 15:30~18:30
11月から第2.4土曜日の診療を休診します 来院予約についての重要なお知らせ